2/4(土)『立春まんまる発酵まつり』 手前味噌をつくってみね~かや~を開催しました。

2/4(土)『立春まんまる発酵まつり』
手前味噌をつくってみね~かや~を開催しました。

10月にもお世話になった、国立市のまんまる食堂さん(助産院が営まれている食堂)にて
味噌づくりの講習会を開催いたしました。
今回は南会津から馬場浩さん、石川町から大平美代子さん、塩田明美さん、
そして、郡山から中村喜代さんとともにいざ東京へ。
ベテラン父ちゃんと母ちゃんの最強メンバーで向かいました♪

縮小1

ありがたいことに予定を上回る、たくさんの参加お申し込みをいただき、
当初は1回の予定だった味噌づくりを急きょ2回に分けて行いました。


まずは時間をかけて柔らかく煮ておいた馬場さんの大豆をみんなでつぶしていきます。
その前に一粒食べてみると、驚くほど甘くておいしい。笑顔と驚きの顔が広がります。
「サトイラズ」という品種の大豆で、砂糖がいらないほど甘くておいしいことから、サトイラズという名前なのだそう。

縮小2

そして、大平さんの玄米麹とお塩を混ぜた「塩きり麹」に、つぶした大豆と混ぜていきます。
よーく混ぜて、ハンバーグをつくるように空気を抜きながら団子状にしていきます。
お子さんたちも一緒に、小さな手と大きな手で楽しく団子にしていきました。

縮小3

あとは空気を抜きながらタッパーに詰めていき平にし、表面に少し塩をかけ、空気が触れないようにラップをします。
春・夏・秋と四季を通して発酵・熟成させ、味をみて塩角がとれていたら食べごろ。
熟成させていくとますますおいしくなります。


そして、お楽しみは岩崎りこさんの「発酵ランチ」です。
お味噌づくりもし、一仕事した後のランチは格別。豆腐の味噌漬け、卵の醤油漬け、納豆のソースなどなど発酵っておいしい!
今回は昭和村の青木農園さんの原木しいたけを油で揚げてメニューに添えていただきました。
「おいしい!」と好評で、販売用も、即完売!うれしい限りです。

縮小4

食事を終え、第二弾の味噌づくりもひと段落すると、母ちゃんたちの楽しいお話。
県内でもずいぶんとおかれている状況が異なるなか、今なお、避難を余儀なくされている人たちに対する母ちゃんたちの思い、
そして支援いただけることへの感謝の気持ち、そしてそんななかで福島で新規就農した理由・・・それぞれが語りつつも最後に
「辛いこと、悔しいことはいっぱいあった。 でも誰かが守ってくれるわけじゃない、同じ時間を過ごすなら明るく楽しくなくっちゃ」
と、さらっと笑顔で話す母ちゃんの言葉の背景に、とてつもないパワーを分けてもらいました。


10月に来ていただいた方が今回もたくさんご参加いただけました。本当にありがたく、うれしく思います。
日本の田舎では当たり前に作られていた味噌を、都会のお母さんお父さん、そしてお子さんたちに
楽しくお伝えできる場となりました。
手仕事をこうして伝えつつ、福島の野菜やお米についてお話できる場をこれからも作っていきたいです。

ご参加いただいた皆さん、そして、ご協力いただいた、まんまる食堂さん、
福島とつながる種まきプロジェクトネットワークのみなさん、岩崎さんに心より感謝申し上げます。

スポンサーサイト

南相馬市にてNPO法人あさがおさんと共同事業の打ち合わせ

【寄付募集中!】
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5107001/

浜通りの復興はまだ道半ば。農業はこの地域の基幹産業であり、同時に多くの人を結びつける機能も持ち合わせています。
弊団体は南相馬市鹿島区で、障がい者のための福祉事業を展開しているNPO法人あさがおさんと共同で、人と人とを繋ぐコミュニティカフェの開設を目指しています。
新たに県営復興住宅に移ってきた避難者や、農業者、障がい者が交わる新たなコミュニティを創りたい!
先日その打ち合わせを行いました。
あさがお打ち合わせ

「健康な土づくり研修会」報告

1月20日に、郡山市にある福島県農業総合センターにおいて、弘前大学教授杉山修一氏の講演会等が行われました。

杉山氏は、奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんのリンゴ畑の調査をしておられます。それによると、木村さんのリンゴは無農薬で化学肥料も堆肥も有機肥料も使わないにもかかわらず、慣行の7−8割の収量をあげています。病班は出ますが広がず大きな被害にはなりません。害虫もみられますが、被害が拡大しないことから天敵によって食べられてしまっているようです。盛岡市で木村さんのやりかたをまねた「模倣園」を7年間にわたって実践してきましたが、ほぼ収穫皆無でまだうまくいっていません。奇跡のリンゴが奇跡でなくなる目処はまだたっていません。

杉山氏は、水稲や畑の自然栽培も調査しています。水稲では、宮城県涌谷町で40ヘクタールの水稲栽培を行い、平均で8俵の収量をあげている黒澤重雄さんを調査しました。黒澤さんの水田は、他の自然栽培や慣行栽培に比べて、生育後期の窒素供給が高いことが明らかになりました。施肥をしていないのに窒素供給が高いのは、雑草が少ないので株元に光が差し込み、土壌表面で独立栄養型の窒素固定が行われていること、代掻きや中耕除草を行うことで養分が有効化していると考えられました。

畑の自然栽培においても窒素供給が肝要であるとのことですが、水田に比べてまだ展望は立っていないように思われます。畑は土の中に酸素があるので、微生物が土の腐植を分解するので、常に有機物を補給しないと土が痩せてしまいます。畑は水を排水しないと酸素欠乏になってしまいますが、その排水で養分も流亡してしまいます。さらに、畑では独立栄養型の窒素固定菌はあまり働きません。1つの方法は、炭素/窒素比が高い(目安が40程度)堆肥を投入することにあるようです。投入をしないなら、緑肥や雑草を活用することです。


続いて、郡山市にて親子三代で有機農業を40年以上にわたって営んできた石澤智雄さんから実践報告がありました。石澤さんは10年前から自然栽培にも取り組んでいます。具体的には、水田では冬の間、畝を立てて土を乾かすことで雑草を抑制することに成功しました。収量は5俵レベルですが、黒澤さんをまねて収量の向上を図る計画とのことです。ニンジンでは緑肥と組み合わせることで雑草抑制にもつながりました。ニンジンで作ったジュースは味がよいと好評です。

最後に、試験結果の発表がありました。福島県には有機農業推進部局があるのが心強いです。今後も技術開発の連携をしていければと思います。

→続きを読む

Yahoo!基金で寄付を募集しています

このたびYahoo!基金のご協力により、募金サイトを立ち上げることができました。

集まった寄付金で、浜通り地区の農業の復興の一助となるよう、活動していく所存です。

まずは多くの方に、このサイトをご覧いただきたく、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

http://donation.yahoo.co.jp/detail/5107001/

新年のご挨拶

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
過度なグローバル化によって壊された人々の暮らしを再生するため、地域に根差し自然と向き合い、有機的な人間関係を生む有機農業の重要性はゆるぎないものであると、昨年の国内外の情勢はあらためて教えてくれました。
 当法人は、昨年新たに中期計画を立て、福島の農業の復興と有機農業のさらなる発展に向けて微力ながら活動を進めてまいりました。
 今年はこの計画に基づき、浜通り地区に新たな体験交流拠点を創ります。また県内各地で生産者と消費者との交流がより活発になるよう、尽力を図っていく所存です。
本年もご支援並びにご指導を賜りますようお願い申し上げます。
2017年賀状4
プロフィール

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR