スローフード講習会 おむすび&みそ仕込みワークショップ

2月11日(日)に味噌造りとおむすびの会と言うテーマで、東京国立市JIKKAで講習会を行いました。
27999799_851329418392171_1597165196_o.jpg

①ランチおむすびの会
 当会理事の南会津町・馬場さんの育てたお米でおむすび、トマトでミネストローネ、粷で漬物、当会会員の石川町・塩田さんのいか人参と白菜漬けを出しました。28033344_851329605058819_503768728_o.jpg

28034545_851330598392053_2032607308_o.jpg
おむすびは、味噌と梅漬けを細かく切って混ぜたものを馬場さんの指導の下、スタッフに握ってもらいました。コツは強く握らないで、米と米を結ぶように空気を含めることと説明しながら握ってもらいました。
ランチを食べているときに、馬場さんの体験を通しておにぎりとおむすびの違いと、お母さん(おばあちゃん)と子どもをむすぶ意味のあることを説明し、実際におむすびを握る体験をしました。
参加者からはコンビニやスーパーのおにぎりは固くて粘り気が強いが、このおむすびはふわっとしていて美味しいとか食べやすいと言う感想や、味噌を表面に塗った品や梅の細かく混ぜた品を子供が喜んでいっぱい食べたというお話をいただきました。 27999194_851330768392036_1865399441_o.jpg
参加者からは現状では、おにぎり(おむすび)はほとんど握ることがなく、大半がコンビニ等からの購入になっていて、孫たちも一緒に住んでいないので、握る機会がないということでした。もう一度おにぎり(おむすび)を通して家族のコミニュケーションをしたいといわれていました。

②味噌造り講習会
馬場さんの育てた、豆(黒人)玄米糀、国立のあひるの家から購入したベトナム産の自然塩を使用しました。
前日に煮ておいた豆を袋に入れて、5~6名1組になり手で潰し塩きり糀と混ぜ、各1キロづつ味噌玉にして容器に入れました。
講習後、馬場さんが日常の管理と食べごろを説明し、手前味噌のいわれや手造り味噌の大切さと家庭の味の大事さを唱えていました。
28034722_851330558392057_1220041402_o.jpg

豆腐WS(2 12 2018)

このワークショップ開催にあたり、福島とつながる種まきプロジェクトネットワークの皆さんに多大なるご協力を頂きました。ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

豆腐づくり体験(2月12日)

全国豆腐品評会・木綿豆腐の部で入賞した豆腐屋小原さんに講師になっていただき、生しぼりの充填豆腐とざる豆腐つくりを体験しました。山形在来の青豆、秘伝を使いました。生しぼりとは、豆乳とおからに分離してから豆乳だけ加熱してにがりで固めて豆腐を作る方法です。おからは加熱しません。参加者は6名でした。雪道や渋滞の中お越しいただいた参加者のみなさま、ありがとうございました。

・ミキサーのかける時間は状態をみて決める。
・豆乳は沸騰するまで加熱するが、焦がさないように火が当たる部分を木べらなどで撹拌する。
・沸騰したらすぐに火を止め、60度まで冷ます(温度センサー使用)。
・撹拌しながら「にがり」を加え、さらに勢いよく撹拌。
・30分以上放置したら、容器やざるに移す。

待ち時間に小原さんから豆腐のこと、長谷川から大豆の機能性について説明しました。豆腐の味を決めるのは、職人の腕に加えて、大豆が持っているオリゴ糖(ラフィノース、スタキオースなど)の甘み、脂質の塊(オイルボディ)の状態、にがりなどが重要です。上位入賞した人のほとんどが在来種を使っているそうです。

スーパーの50円や100円の安売り豆腐には、大豆が数粒しか入っていません。凝固剤の性能がよいのでそれでも固まりますが、大豆の風味はありません。実際には水を食べていることになります。参加者は、3つのグループに分かれて行いましたが、グループによってクリーミーになったりプルプルになったり、微妙に違うのですね。職人んの小原さんから直接指導を受けたので、どれも美味しかったです。

機会がありましたら、小原さんの豆腐をスーパーと食べ比べてみてください。
http://www.ohara21.com/menu.php

豆腐WS(2 12 2018)

豆腐WS(2 12 2018)2

豆腐WS(2 12 2018)3

豆腐WS(2 12 2018)4

西田栄喜さんWS(1月23日)

先月、1月23日にベストセラー「小さい農業で稼ぐコツ 加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円」の著者で、自称日本一小さな専業農家の西田栄喜さんに福島までお越しいただき、ワークショップ(WS)を行いました。午前中は農家自体のブランド化、午後は横のネットワーク形成によってお互い様の関係を築くことについて、西田さんにリードしてもらいました。参加者は24人で、西田さんのWSにしては参加人数が少なく、みっちり時間を取ることができました。

西田さんはフットワーク軽く講演会を引き受けてくれますし、「農コン」などネットワーク活動もされていますので、まだの方はご著書を読んでみてください。

以下、WSメモ。
・小さな家族農業ならでは、ミニマム主義で働き過ぎない。
・命の価値を考えれば、農業がトップランナー
・生き方を、プレゼンやコピーの力を鍛えて発信。つながりや巻き込む力も必要。
・パソコンは農機具。
・「かかりつけの農家」になれるように農家としてのブランドを磨く。農家と消費者がつながる「農コン」を行っている。
・多品目やいろいろなことをすること(百姓)でリスク分散
・知恵を売るWS(味噌仕込みなど)をつながるきっかけに。
・クラウドファンディングもファン作りのきっかけに。

西田さんWS(1 23 2018)
講演をしているところ

西田さんWS(1 23 2018)2
グループに分かれてWS

西田さんWS(1 23 2018)3
WSの発表


プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR