スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第7回 農を変えたい!東北集会inあきた」へ参加

2012年1月28日・29日

「第7回 農を変えたい!東北集会inあきた」へ参加

あきた

●日時  2012年1月28日・29日
●場所  ホテル サンルーラル大潟(秋田県南秋田郡大潟村北1-3)
●参加者 約250名


開催趣旨
2006年1月に山形県で始まった「農を変えたい!東北集会」は、農家自身が主催する集会として、以来青森県を除く東北各県で開催してきましたが、このたび「東日本大震災・原発事故から東北農業の復興を考える」をテーマに、来年1月28~29日(土日)、秋田県大潟村で「農を変えたい!東北集会inあきた」を開催する運びとなりました。

今年3月11日に起こった東日本大震災・東京電力福島第一原発事故によって、東北太平洋沿岸地域はとてつもない被害を受けました。特に、原発から飛散した大量の放射性物質は清純な東北の自然を穢し、地域循環型農業をめざしてきた多くの農家の生産基盤を決定的に破壊しました。多くの農家が農地を汚染され、将来の展望を持てぬ状況に追い込まれています。

しかし、私たちの足下を見ると、「自給を高め、安全な食と環境を守り育てる農業を作り出したい」という取り組みが着実に広がっているのも事実です。福島県では、有機農業によって放射性物質を土中に封じ込め、作物への移行を最小限に止めることに成功した事例が出てきました。また、秋田県の「オーガニックフェスタinあきた」の成功をはじめ、多くの地域で有機農業、地産地消や食育の動きがかつてない盛り上がりを見せています。

私たちは、こうした農と食の再生を求める機運を踏まえて、大震災と原発事故の悲劇に見舞われた東北農業の復興を、農家、消費者、NPO、行政、研究者などと一緒に考えたいと思い、本集会を開催することにいたしました。栽培技術、消費者との交流、環境・新エネルギー、原発と農業などのテーマを参加者同士で語れる分科会を行うほか、青年農業者交流会や女性農業者交流会も開催いたします。
立場を超えて幅広い方々にご賛同・ご参加をいただき、みんなで東北農業・農村の未来を語り合おうではありませんか。

被災地からの報告(菅野理事長)

あきた2

被災地からの報告(南相馬市:安川さん、杉内さん、根本さん)

あきた3
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。