スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福島まるごと食べようかい」に参加しました。

4月7日に一般社団法人 MOA自然農法文化事業団主催の「福島まるごと食べようかい」に事務局より2名とオルガン堂より1名が参加してきました。

まずはいわき市の「ファーム白石」の白石長利さんの圃場を見学しました。
白石長利さん圃場


福島第一原発から35㎞地点でありながら、山に守られて線量は低いのだそうです。

白石長利さん説明

白石長利さん
白石長利さん
(目立つ為に赤いツナギを着るのがポリシーなんですって(笑))

現在この圃場ではキャベツとチビッコリー(ブロッコリーの脇芽)が栽培されています。
自然農法に拘り、無農薬・無化学肥料。
キャベツもチビッコリーもその場で生食!
「あま~い!!!♬」

白石長利さんチビッコリー
チビッコリー

白石長利さんキャベツ
キャベツ


白石さんが栽培されている野菜は、主にいわき市内のフレンチ料理店「Hagi」さんに出荷し、シェフの萩さんと共に加工品の開発などもしているそうです。

白石長利さん萩さん
萩シェフ

圃場を後にして白石さんのお宅へ。
白石長利さん古民家
築100年を超える立派な古民家です!


お待ちかねの昼食は萩シェフ特製のサーロインロースト弁当。
付け合せの野菜は勿論、白石さんの野菜とお米、いわき市産の野菜です。
白石長利さん萩さん弁当
白石長利さん萩さん弁当中身
普段はお弁当を製造されないとの事で、今回は特別だったそうです。ありがたい♬

白石長利さん温野菜とドレッシング
圃場で生食したキャベツとチビッコリーは温野菜にして頂き、白石さんの焼ねぎドレッシング(萩さんと開発中)をかけて頂きました。
このドレッシングは、白石さんが栽培した、いわき伝統野菜「もてねぎ」をじっくり焼いたものをドレッシングにしたのだそうです。
とても美味でした!
S__196700.jpg


昼食の後はいわき市の見せる課さんとの懇談会。
風評被害対策について農家さんや漁業者の方々との取り組みを伺いました。
市が全面的に、対策に携わり、コマーシャルしていることが、とても印象的でした。
S__196703.jpg


一行は「とまとランドいわき」さんへ。
白石長利さんとまとランドいわき

巨大なハウスではトマトやパプリカは『ココウール養液栽培』という栽培方法で、ヤシの実の皮や繊維を固形状にした培地にトマトの苗を植えつけ、その時々の日射量に合わせて養液の量や回数を調整して供給する方法を用いているのだそうです。
低農薬・低化学肥料で、10か月もの間、収穫が可能なんだそうです。
白石長利さんとまとランドいわきアイコ
アイコ

S__196705.jpg
パプリカ

こちらでもトマトとパプリカの試食をさせて頂きました。


そして、萩シェフのお店へ。
白石長利さん萩さん店

こちらでは萩シェフと白石さんの加工品開発(6次化)についてのお話を伺いました。
野菜の収穫序盤のものと収穫終盤のものでは、加工した段階で色に違いが出るというお話は目から鱗でした。
白石長利さん萩さん加工品説明

他にも萩シェフはいわき市産に拘り、様々な加工品を製造されておりました。
見た目もとても可愛いですよね。
白石長利さん萩さん加工品

私たち有機ネットメンバーはここでおいとましました。
会は1泊2日のツアーで、とても残念ですが、また機会がありましたら、参加したいと思います。
皆様お世話になりました!ありがとうございました。
白石長利さん記念写真
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。