「低線量被爆と向き合う」へ参加

2011年4月10日

「低線量被爆と向き合う」
チェルノブイリからの教訓

人体、とりわけ子供に対する放射線の影響について、
25年間におよぶ研究現場から最新の研究成果を日本に紹介します。

IMG_4918.jpg

●日時  4月10日(火)18:30~21:00
●場所  福島市MAX福島4F A・O・Z
●参加者 約50名
●内容  ・ミハイル・V・マリコ博士「チエルノブイリと広島・長崎」 http://j.mp/IZL2l2
      ・エフゲーニア・ステバーノヴナ教授「チエルノブイリと小児疾患」 http://j.mp/IZL64l
●役員  長谷川浩

Comment

Private comment

Trackback


Use trackback on this entry.

まとめteみた.【「低線量被爆と向き合う」へ参加】

2011年4月10日「低線量被爆と向き合う」へ参加チェルノブイリからの教訓人体、とりわけ子供に対する放射線の影響について、25年間におよぶ研究現場から最新の研究成果を日本に紹介
プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR