スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月28日は国分寺・カフェスローで「ふくしま有機交流カフェ」へどうぞ

風評? 実害? 
福島の農と食、ホントのところどうなの?
農業者に直接聞いてみよう、話してみよう! 

「ふくしま有機交流カフェ」が開催されます。

長く日本の農と食を支えてきた福島。
その地で「有機」にこだわり、いのちの循環を取り戻そうと取り組んできたNPO法人福島県有機農業ネットワーク。
2011年3月に起こった東日本大震災・津波・原発事故は、「循環」を目指す有機農業に大きな打撃を与えました。
大切に守り育んできた大地に降り注いだ化学物質への怒り、とまどい。
それでも大地を耕し、種を播き、放射能と格闘するなかで、見えてきたことがあります。
「有機の土は、放射能を閉じ込めて放さない」

何が風評で、何が実害なのか。
時間の経過、取り組みの中でわかってきたことは何なのか。
福島から、農と食の再生、地方と都市の交流をめざす生産者・大河原多津子さん、海さん、菅野瑞穂さんをお招きして、ざっくばらんに聴き、話す場をつくります。
二本松に通い続ける纐纈(はなぶさ)あや監督、こどもみらい測定所の石丸偉丈さんも一緒に、福島の、私たちの「いま」を分かち合うカフェです。

11月28日(土)@国分寺カフェスロー
開場18時 開演18時30分 終演21時30分  
参加費 事前予約1500円
当日1800円+ドリンク・チケット500円
*定員50名(定員になり次第、締め切らせていただきます) 

共催:NPO法人福島県有機農業ネットワーク/福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク
予約・お問い合わせ:
福島とつながる種まきプロジェクトネットワーク
メール受付:spacef@ac.auone-net.jp     
TEL/FAX 042-573—4010(スペースF気付)
/090-7213-0929(遠藤)   

福島有機交流カフェ
<タイムテーブル>
18:00 開場
18:30 開演  
18:35 第1部パネルトーク
〜大震災・原発事故から4年間の取り組みと現状報告
・菅野瑞穂さん(きぼうのたねカンパニー) 
・大河原多津子さん(野菜とパンの店『えすぺり』)
・大河原海さん(野菜とパンの店『えすぺり』)
・纐纈あやさん(映画監督『祝の島』『ある精肉店のはなし』)
・石丸偉丈さん(「こどもみらい測定所」代表)

19:30 ワールドカフェ1
〜話してみよう、聞いてみよう。それぞれの4年間、食と農への思い

20:00 休憩〜ドリンク、お食事のオーダーを承ります〜  20:30 第2部ワールドカフェ2
〜福島のこれから、私たちのこれから〜 

21:00 シェアタイム
〜パネリストから、会場から

21:30 終演

<パネリスト・プロフィール>
菅野瑞穂(すげの・みずほ)1988年、福島県生まれ。日本女子体育大学を卒業後、父親のもとで有機農業を始める。福島第一原発事故による福島の農業の現状を伝えようと、2013年3月に「きぼうのたねカンパニー」を設立(http://kibounotane.jp/)。地域と都市をつなぐ農業ワークショップを実施。「瑞穂」という名前には両親の農業への思いが込められている。

大河原多津子(おおかわら・たつこ)1954年、福島県郡山市生まれ。福島大教育学部卒。30歳のとき、船引町で有機農業を行っていた大河原伸さんと結婚、同時に就農。半年後には夫婦で劇団『赤いトマト』を結成。2男3女の母。チェルノブイリ事故には反原発運動。震災後、すべての農産物を測定し、その数値を公表して販売する組織「壱から屋」を結成。2013年9月、新しいカタチの直売所「パンと野菜の店・えすぺり」を始める。

大河原海(おおかわら・かい)1988年1月13日生まれ。18歳まで福島県田村市で育ち、琉球大学農学部へ進学のため沖縄へ。大学を卒業後は実験助手として大学に残るも、すぐに震災が起こり2011年7月に福島に戻り、就農。以降は野菜、果樹を中心に有機農業に取り組む。

纐纈あや(はなぶさ・あや)1974年、東京都生まれ。自由学園卒業。2001年ポレポレタイムス社に入社。本橋成一監督の『アレクセイと泉』('02年)『ナミイと唄えば』('06年)の映画製作に携わる。2010年に映画『祝の島』を初監督。シチリア環境映像際で最優秀賞受賞。2014年公開の大阪にある精肉店の家族を追った第2作『ある精肉店のはなし』が文化庁映画賞文化映画記録部門大賞ほか多くの賞を受賞。震災後、福島の二本松市東和地区に通っている。

石丸偉丈(いしまる・ひでたけ)1972年、兵庫県生まれ。兼業主夫として家事や育児に励むかたわら、保育や教育関係の仕事に従事。3.11以降は、子どもを被ばくから守るための活動を開始する。2011年12月には、東京都国分寺市で市民放射能測定室「こどもみらい測定所」を開設する。現在までに、食品、土壌併せておよそ2000検体以上を測定。2013年より、全国各地の市民放射能測定室のデータを集約して公開する「みんなのデータサイト」事務局長を務める。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。