スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月5日ふくしま有機ネットシンポジウム 福島・有機農家のメッセージ「震災・原発事故から5年を迎えて」のお知らせ

福島県有機農業ネットワークシンポジウム
福島・有機農家のメッセージ「震災・原発事故から5年を迎えて」

震災と原発事故から5年を迎えようとしています。当初心配された放射性セシウムによる農作物の汚染は、土壌からの移行率が低いため、多くの農産物が「ND(不検出)」になりました。それにも関わらず、福島県農産物の販売不振は続いています。米価の価格下落が続き、中山間地では農家の離農が相次いでいます。原発から近い南相馬市や双葉八町村における地域再生は困難な状況が続いています。

本シンポジウムでは、新潟大学の原田直樹准教授から、福島の現場において放射性セシウムが農作物に移行しなかった科学的メカニズムについて基調講演をいただきます。

放射能汚染に克つために奮闘した福島県有機農業ネットワークの5年間の活動の報告と、震災後も耕し続け今も地域再生に奮闘する福島県内の有機農業者の生の声をお届けします。

ぜひお越しください。

入場無料
日時 3月5日(土)13:30から16:45
場所 連合会館402号室
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3丁目2−11、03-3253-1771)
JR中央線・総武線  御茶ノ水駅聖橋口 徒歩5分
アクセスについては、
http://rengokaikan.jp/access/
をご覧ください。

基調講演 「福島県における農作物への放射性セシウム移行の科学的解明(仮題)」(新潟大学・原田直樹准教授、専門土壌学(農学博士)

福島県有機農業ネットワークの活動報告 

農業者メッセージ 
安島美光氏 1955年生まれ。いわき市で水稲や自然薯を栽培。昨年は消費者とともにエゴマ栽培にも取り組む。お米の食味は随一。

杉内清繁氏 1951年生まれ。南相馬市原町区でナタネ、水稲、野菜栽培を行う。ナタネと自然エネルギーによる地域再生に取り組む。

大河原海氏 1988年生まれ。田村市船引町。沖縄の大学を卒業後、就農。両親と一緒に多品目栽培の有機農業と果樹(リンゴ、モモ)栽培に従事。

小川未明氏 1977年生まれ。喜多方市山都町。青年海外協力隊員としてパラグアイに派遣。実家に戻って就農。無冠水による雨よけ中玉トマトなどを栽培。

小豆畑倫子氏(予定) 石川町在住。京都のサラリーマン家庭で育つ。結婚を機に石川町で有機肥料も使わず自家採取をする秀明自然農法を実践。
3月5日有機ネットシンポチラシ
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。