スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲作技術検討交流会

昨日、郡山市の中村さん、会津若松市の渡部さん、喜多方市の大竹さんの無農薬水田を見学し、意見交換しました。福島県には有機農業推進室と有機担当普及員がおり、農家や一般も含めて33人が出席しました。

中村さんは13ヘクタール(ha)のうち無農薬2.5ha、渡部さんが8.5haのうち無農薬8ha、大竹さんが8haのうち無農薬6haと、大農ばかりで、課題は雑草対策です。

 中村さんは、デモ機のオーレック乗用除草機がとてもよいということで、まるで営業マンのごとく勧めていました。難点は販売価格が200万ぐらいになることです。
 渡部さんは、汎用田植え機に80kgもあるチェーン除草機をつけてコナギを一網打尽にしています。
 大竹さんは紙マルチでも生育がよい稲作りを行ってきましたが、25kgもある紙の運搬、付け替えに限界を感じ、機械除草体型に転換を図っています。

除草機だけで雑草対策ができるわけではありません。稲作をしていない時に、雑草の生えにくいたんぼを作ることが肝要です。具体的には、
 冬に寒いところでは、土を凍結させることで雑草種子と塊茎を死滅させる
 冬に乾く気象条件では、土を乾かしてコナギを休眠させる
方法があります。田植え前にわらの分解を進めることも重要です。
 会津のような積雪地帯では、雑草の生えにくいたんぼをどうやって作ったらよいか、まだ模索状態です。

今回、原発事故で5年間も作付けをしなかった南相馬市の農家がグループ(福島県環境保全稲作研究会)で参加してくれました。再度有機のイネつくりをしたいそうです。浜通り復興に一筋の光明が射したような気がしました。


中村さん
オーレック乗用除草機を2回かけた圃場

中村さん2
説明する中村さん

よしのさん
説明する渡部さん

よしのさん2
自作の80kgチェーン除草機

よしのさん3
五百万石の圃場

大竹さん
散布予定の酵母菌の説明をする大竹さん
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。