畜産技術検討交流会(石川町、11月22日)

もう1週間が経ってしまいましたが、福島県の畜産地帯、石川町で搾乳農家と繁殖牛農家(大平理事)を見学しました。

ちょうど、トリインフルエザが日本と韓国で発生しました。この件については、個人的見解として述べたいと思いますが、家畜を狭いところに閉じ込めて運動をほとんどさせず、遺伝子組み換えの輸入飼料をたくさん与え、家畜ふん尿を資源というよりは廃棄物として処理するなど、工業的畜産には多くの問題があります。

見学した農家では自家産の飼料や地域で生産されたホールクロップサイレージ稲を使うことで、輸入飼料を減らそうとしていました(それでもゼロではありません)。

そもそも、農家には庭先養鶏、庭先養豚、役畜としての牛や馬など必ず家畜がいました。

畜産のゴールは「家畜がある暮らしと社会の復元すること」にあります。箇条書きになりましが、そのためには:

・昔ながらの家畜との関係の回復
 庭先養鶏、庭先養豚
 地域資源の有効利用
 養蚕、養蜂
 養魚

・新しい視点の取り組み
 獣害対策としての放牧:見晴らしがよい、動物がいる
 家畜で耕す:チキントラクター、放牧養豚
 家畜福祉:十分な運動、去勢しない
 いやし:アニマルセラピー
 アトピー、アレルギー改善
 食農教育:屠殺、解体、動物のしくみ説明
 健康のための畜産物(肉、油、卵、乳製品、その他)
 周年放牧

大平さんのところでは、前日に生まれたばかりの仔牛をみることができました。

仔牛@大平さん

生まれたばかりの仔牛

牛丼ランチ@大平さん

石川牛と庭のトリの卵でランチ

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR