スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/3.4 浜通りモニタリングツアーを開催しました!

2016年12月3日〜4日にかけて、浜通りのモニタリングツアーを開催いたしました。
震災から5年7ヶ月が経過し、復興の状況は福島県内でも地域によってずいぶんと異なってきています。避難を余儀なくされた浜通りの一部地域では帰還が始まり、復興住宅もでき始めていますが、まだ先の見えない状況が続いています。
そんな中で、これまでふくしま有機ネットの事業を通してつながった方々と、浜通りの現場を訪れながら、農業を軸にした今後の交流や支援のあり方について考える場にしたいと考え、モニタリングツアーを企画しました。

【1日目】
まず始めに、南相馬市小高区のある、根本洸一さんの畑と田んぼ見学させていただきました。小高区は今年(2016年7月)に避難解除になりました。震災後は、仮設から通いながら農業を続けてこられました。
かぶやレタス、キャベツなど冬野菜が立派に育っています。また、今年は雄町という酒造好適米の栽培に取り組まれました。雄町は背が高く、稲が倒れるのではないかと心配しましたが、見事に収穫されました。この酒米は郡山市の仁井田本家さんで加工され2月にはお酒になる予定です。
S__9150472_convert_20161227184908.jpg

S__10092587_convert_20161227185403.jpg


2件目は、南相馬市原町区の杉内清繁さんの菜の花畑です。今年は面積を大幅に拡大されました。10月以降、天気の悪い日が続き、なかなか種まきができなかったそうですが、芽が出始めている畑もあり、春の菜の花畑が楽しみです。
宿泊は南相馬市鹿島区の塔前の家という農家民泊で、杉内さんご夫妻を囲み、南相馬の実情をうかがいつつ、楽しい交流の時間となりました。
S__9150483_convert_20161227185013.jpg

15284119_1826742197595232_9047728800381197977_n_convert_20161227183609.jpg

【2日目】
2日目は、相馬市にある大野村農園の菊地さんの鶏舎と畑に伺いました。菊地さんは震災後にUターンされ、就農されました。鶏にとって心地よい環境をつくること、クズ大豆や小米、魚のアラなど地域のなかで餌を循環させることなど、その取り組みは参加者のみなさんも興味深く聞いておられました。まだ生温かい生みたての卵を採る体験もさせていただきました。大小さまざま、命をいただくんだなと感動的。
そして、今年は長年探し続けられた相馬市の伝統野菜である相馬土垂の復活にも取り組まれました。来年はさらに栽培を増やすとのことで、今から楽しみです。
S__9150466_convert_20161227184815_convert_20161227184846.jpg

15317786_1320676198007556_5439413267979893757_n_convert_20161227184740.jpg

続いては、新地町の果樹園マルショウ、畠利男さんのりんご畑です。ネオニコチノイド系農薬を使わず、慣行栽培の半分以下の農薬で育てられています。また化学肥料は一切使われていません。震災前はすぐ近くの港で海水を採りに行かれていましたが今は日本海側までとりに行かれています。畑でかじるりんごはまた格別においしい!参加者のみなさんにも笑顔がこぼれます。
S__9150474_convert_20161227184954.jpg

S__9150473_convert_20161227184933.jpg

まだまだ厳しい状況はありますが、これからのつながり方や支援について考えるひと時となりました。来年以降も継続して、多くの方に福島に来ていただく取り組みを続けていきたく思っています。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。