「健康な土づくり研修会」報告

1月20日に、郡山市にある福島県農業総合センターにおいて、弘前大学教授杉山修一氏の講演会等が行われました。

杉山氏は、奇跡のリンゴで有名な木村秋則さんのリンゴ畑の調査をしておられます。それによると、木村さんのリンゴは無農薬で化学肥料も堆肥も有機肥料も使わないにもかかわらず、慣行の7−8割の収量をあげています。病班は出ますが広がず大きな被害にはなりません。害虫もみられますが、被害が拡大しないことから天敵によって食べられてしまっているようです。盛岡市で木村さんのやりかたをまねた「模倣園」を7年間にわたって実践してきましたが、ほぼ収穫皆無でまだうまくいっていません。奇跡のリンゴが奇跡でなくなる目処はまだたっていません。

杉山氏は、水稲や畑の自然栽培も調査しています。水稲では、宮城県涌谷町で40ヘクタールの水稲栽培を行い、平均で8俵の収量をあげている黒澤重雄さんを調査しました。黒澤さんの水田は、他の自然栽培や慣行栽培に比べて、生育後期の窒素供給が高いことが明らかになりました。施肥をしていないのに窒素供給が高いのは、雑草が少ないので株元に光が差し込み、土壌表面で独立栄養型の窒素固定が行われていること、代掻きや中耕除草を行うことで養分が有効化していると考えられました。

畑の自然栽培においても窒素供給が肝要であるとのことですが、水田に比べてまだ展望は立っていないように思われます。畑は土の中に酸素があるので、微生物が土の腐植を分解するので、常に有機物を補給しないと土が痩せてしまいます。畑は水を排水しないと酸素欠乏になってしまいますが、その排水で養分も流亡してしまいます。さらに、畑では独立栄養型の窒素固定菌はあまり働きません。1つの方法は、炭素/窒素比が高い(目安が40程度)堆肥を投入することにあるようです。投入をしないなら、緑肥や雑草を活用することです。


続いて、郡山市にて親子三代で有機農業を40年以上にわたって営んできた石澤智雄さんから実践報告がありました。石澤さんは10年前から自然栽培にも取り組んでいます。具体的には、水田では冬の間、畝を立てて土を乾かすことで雑草を抑制することに成功しました。収量は5俵レベルですが、黒澤さんをまねて収量の向上を図る計画とのことです。ニンジンでは緑肥と組み合わせることで雑草抑制にもつながりました。ニンジンで作ったジュースは味がよいと好評です。

最後に、試験結果の発表がありました。福島県には有機農業推進部局があるのが心強いです。今後も技術開発の連携をしていければと思います。

杉山氏研修会3
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR