野菜の技術検討交流会 報告

7月25日、郡山市の佐藤喜一さん(ケルプ農場)、田村市船引町の大河原伸さんと渡部芳男さん(日本エゴマの会・ふくしま)の畑を見学しました。

佐藤喜一さんは、原発事故で7割の消費者を失いました。それまで行ってきた養鶏をやめ、野菜も自然栽培に転換し、自家採種を行いました。山あいの造成地で野菜と麦類、雑穀を栽培しています。リンゴ、モモ、梅の自然栽培も始めました。今度、養鶏を再開するそうですが、そのための雑穀も自ら栽培して、あまり物を与えることはしないそうです。こだわりはハンパありません。

大河原伸さんも原発事故で消費者の2/3を失いました。ガリ版で1,300回を上まわる発行を続けてきたニュースレターも途絶えてしまいました。再起をかけて直売所併設のレストラン建築を一念発起しました。しかし、そのための資金、3,000万円!を銀行や金融公庫から断れてしまいました。止むを得ず口コミで資金援助を親戚、友人、知り合いなど多方面にお願いしたところ、資金が集まり、レストラン「えすぺり」の建設ができました!今は、息子の海くんのお嫁さんで、元オルガン堂の料理人・倫子(ともこ)さんが料理担当、伸さんご夫婦は以前のように田畑に専念できるようになりました。新しい消費者開拓で始めた「月一クラブ」という野菜と加工品の宅配も200戸になりました。

渡部芳男さんは、今から45年前に福島で先駆的に有機農業を始めた故・村上周平さんを引き継いでエゴマ栽培を行っています。エゴマはイノシシもシカに食べられることもなく、中山間地で安心して栽培できます。油は不飽和脂肪酸が含まれて健康の面から注目されていることはいうまでもありません。エゴマ粕使ったバイオガスプラントもあって、液肥を有効活用しています。参加者からエゴマ栽培の留意点について質問が相次ぎました。

見学されていただいた農家は、三者三様で、畑には農家の個性が現れていました。有機農業は「生き方」であり「自己表現」であることを再認識しました。

野菜技術検討会 4
佐藤喜一さんのネギ

野菜技術検討会 5
佐藤喜一さんのリンゴ苗木(2年目)

野菜技術検討会 2
大河原伸さんの説明

野菜技術検討会 3
えすぺりのランチを説明する元・オルガン堂料理人 倫子さん

野菜技術検討会
渡部芳男さんの説明
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR