スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月12日稲作技術検討会(浜通り)報告

いわき市、南相馬市小高区、相馬市の有機水稲栽培圃場を見学しました。参加者は12人でした。

いわき市では安島美光会員の山田錦。昨年から栽培を開始し、今年は山田錦のクセも習得して順調な生育でした。

小高区では、根本洸一会員の雄町。昨年より生育が遅れ、ようやく出穂が始まったところでした。稲刈りは11月になる見込みですが、稲姿は立派でした。

相馬市へ移動して、非会員ですが、渡辺正行さん、反畑(たんばた)能(あとう)さんの水田を見学しました。渡辺さんは、乗用のチェーンとプラホウキ除草、歩行の動力田車を組み合わせて、反畑さんはトロトロ層が形成されて、それぞれ5ヘクタールの水田を有機栽培していました。

見学会終了後も、参加者は反畑さんの水田脇で、稲作論議が尽きませんでした。これぞ農民魂です!

今回見学させていただいた根本さんが80歳、渡辺さんも70代、反畑さんは84歳!ですが、みんな現役で除草剤を使わず稲つくりを行っています。安島さんは60代ですが、フルマラソンを走ります。稲姿も素晴らしい。これから超高齢化社会を迎える中で、現役で農業を続ければ何歳になっても生きがいがあり、頭も使い体も動かすので健やかな老後につながる。稲姿だけでなく、生きざままで学ばせてもらいました。ありがとうございました。

稲作技術検討交流会
山田錦の前で説明する安島さん

稲作技術検討交流会 2
ようやく出穂始めた雄町を背に根本さん

稲作技術検討交流会 3
長さ4mのプラホウキ、土を削るように除草する、一番手前が渡辺さん

稲作技術検討交流会 4
おん歳84歳の反畑さん
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

福島県有機農業ネットワーク

Author:福島県有機農業ネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。